澄み渡る空のように。

自由を求めて。その先にあるものを探して。

『湯シャン』をはじめました。

『湯シャン』を始めた理由。

こちらの漫画の影響です。
yubt.net
こちらは『東京脱毛クリニック』さんのホームページです。
前は『ゆうスキンクリニック』という名前でした。

もともとこちらのスキンクリニックはゆうメンタルクリニックという心療内科がメインでした。

『マンガでわかる心療内科というマンガががとても有名になりましたね。
自分も臨床心理学部なので愛読していました。

その繋がりで湯シャンを知り、実践した次第です。

『湯シャン』とは

上記の漫画で詳しく説明されているので、そちらを読んでいただくのが一番早いと思うのですが、読んで字のごとく、『シャンプー等を使わず、お湯で髪を洗うこと』です。

シャンプーを使わないのに『シャン』が入っていることに違和感を感じていたのですが、『洗髪剤』だけでなく『髪を洗う行為』も『シャンプー』って言うらしいですね。

初めて知った。

『湯シャン』をやってみて

実際にやってみてどうなのかと言いますと、結構いろいろな変化があったので紹介です。

毛量が増えた

湯シャンが直接の原因かどうかはわかりませんが、目に見えて毛量が増えました。
これに関しては本当にびっくりしてます。

一時期、髪を洗うと地肌が見えることがあり、薄毛が始まったんじゃないかと、ビクビクしていましたが、今はむしろ髪を切る周期が短くなるほど増えています。

匂いに関しては特に変化なし

シャンプーで洗わないと匂うんじゃないか。と思いましたがそうでもないです。
自分でも全然気にならないですし、他人に聞いても「何も匂いしないよ」という感じです。

まぁ、シャンプーのいい香りはしませんが、シャンプーのいい香りを漂わせているキャラでもないので、気になりません。

髪質は特に変わらない

これに関しても特に変わらないですね。
強いて言えば、リンスやトリートメントのさらさら感がないので、髪本来の髪質になった感はあります。

これによって、「なんかまとまり辛いなー」とか
「ちょっとぼさぼさだなー」と思うことはたまにあります。

でも、基本的にしっかり洗って乾かせばそうなることは少ないので、単に乾かし方が雑なだけな気もします。

たまにシャンプーで洗いたくなる

「がっつりシャンプーで洗いたい!」という欲求が月数回あります。
湯シャンは洗ってやったぜ感が少ないんですよね。

そういう時は普通にシャンプーをしてます。
急にシャンプーをしたからと言って、急に髪質が悪くなる感じはないですね。いつも通りです。

シャンプーを買わなくなった

当然のようにシャンプーの消費が減るので、シャンプーを買わなくなりました。
よって、以前よりお金がかからなくなりました。

以前は、毎日2回洗うのにシャンプーを使っていたので、すごい勢いで減っていましたが、今は「買い溜めたシャンプーどうしよ。」って感じです。

さいごに

現時点では、こんな感じです。
まぁ、あまり無理をせず、洗いたい日は我慢せずに洗っているというくらいの気軽さでやっています。

湯シャンをはじめてみて、特に苦労することがなかったので、継続して続けております。
個人的にはメリットの方が多かったので、もし気になる方は試してみてはいかがでしょうか?