澄み渡る空のように。

自由を求めて。その先にあるものを探して。

ヘルメットを購入しました。

先日、中型二輪を取得しましたが、バイクはおろかバイク用品何一つ持っていない状況です。
このままだと「免許取って満足して終わり」になりかねないので、バイク用品店に行ってきました。

友人と同時期に教習所に通い、同時期に取得したので、友人と一緒にバイク用品店に行きました。
どちらもバイクに対する知識は、教習所で教わった以上の事は分からないので、右も左もわからない状態からのバイク用品店突撃です。

心躍らせながら、軽快な足取りで店に向かう姿は、完全におもちゃ屋に行く子どもの姿ですね。はい。
兎にも角にもわくわくが止まらないぜ。

個人的激アツポイント。

ヘルメットを選ぶ

店のスタッフに頭のサイズを測ってもらい、自分に合うサイズを知るところからスタート。
お財布と相談しながら、気に入ったヘルメットを探します。

デザインであったり、被り心地であったり、眼鏡をした時の感じであったり、とりあえずいろいろ被って試して一番気に入ったものを買いました。こちらです。

f:id:naru-aqua:20180508155909j:plain

値段ですが、ヘルメットの形状によって大きく変わってきます。
安いものだと2万弱、高いものだと5万円以上でしょうか。
探せばもっと安いヘルメットもたくさんありますが、やはり大事なのは値段ではなく安全性ですからね。

心配であれば、スタッフにどんなバイクを乗っていて、どんな乗り方をするかを伝えて、お勧めを聞くのがいいと思います。


勢いで気に入ったヘルメットを購入してテンション上がってます。
もうね。これかぶって自転車で出勤したいもん。

インカム

バイク用品店に行くまで全く存在をしらなかったのですが、なにこのロマンの塊のような要素。

インカムをヘルメットにつけたら会話しながら運転できるんですよ。
誰かと一緒にツーリングするなら、マジで最高じゃないですかこれ。

値段も性能によって変わるので、どれが良いとは一概には言えないですが、主な性能の差は、『音質』『同時に繋げられる人数』『繋ぐことのできる距離』…などみたいです。

その他

あとは、ライダースジャケットやグローブ等も売っていて、見ていて楽しいですね。

一式そろえようとすると、それなりに値段がかかりますが、バイクを楽しむのであればこだわりたい部分でもありますね。

…ということで、ヘルメットを買ってテンションが上がっている今、次はバイクで公道を走るときが来ましたね。
楽しみでしょうがないです。