澄み渡る空のように。

自由を求めて。その先にあるものを探して。

【二輪免許取得:001】中型二輪に乗りたいと思った時が、免許を取りに行くときだ。

中型二輪に憧れて、友人とバイクの免許を取りに行くことになりました。

大学生になると、バイクを乗り回している人がカッコよく見える…
あぁ、自分もバイクを運転したい…!!
夏の海沿いを颯爽とバイクで走りたい…!!

そんなことを思う時期が誰にでもありますよね。

ま、今はバリバリ社会人なんだけどね。


大学の頃の友人にライダーが何人かいて、
後ろに乗せてもらう機会がそれなりにあったので、
前々からバイクに対する憧れはありました。

しかし、バイクの事故で知人を亡くしていたりしたので、
『自分が運転する』までは踏み切れなかったんですよ。

そんな思いもあったのですが、
何か新しいことを一緒に始めようと思ったときに、
真っ先に出てきた『やりたいこと』それがバイクだったのです。

入校

思い立ったが吉日。

決めたその日に教習所を探してきました。
教習所には数日間通うことになるので、
基本的には通いやすい場所にするのが良いです。

無料送迎バスを出している教習所もあるので、
そこらへんも調べておくと、選択できる範囲が広がります。

しかし、バスの発着の時間であったり、教習が始まる時間が決まっているので、
時間的にある程度余裕がないと、送迎バスは使いづらかったです。
(結局自転車や電車で行くことが多かった。)

ですので、スケジュール的に忙しい中、教習所に通うのであれば、
他の交通手段で行ける距離が望ましいと思います。

教習所によっては『友達紹介キャンペーン』的なものをやってたりするので、
もし、免許取得を考えている人が周りにいるのであれば、
紹介してあげると、お互いにお得でいいかもしれません。
私はそれで紹介して友人と一緒に入りました。

あとは、時期によって割引キャンペーンであったり、
いろいろなイベントもやっていたりするので、
お得な時期に入校するのがおすすめです。


通う場所が決まったら、直接教習所に行き受付に聞けば、入校の説明をしてくれます。
入校を決めたら必要書類を書いて、お金を払えば入校完了です。
ここまではあっという間。

入校時の持ち物

・免許書(持っていない人は身分証明書)
・住民票(場合によっては免許書に情報が入っているので、なくてもOK。)
・眼鏡/コンタクト(必要な人)
・印鑑
・入校時のお金

これだけでした。
これなら会社帰りに入校できるね!!
(教習所によって必要なものが違うので要確認。)

学生さんは、学生証を持っていくと学割があるかも。

金額(普通二輪免許)

原付以外の免許を持っている人は、
普通二輪MT免許が約10万円、
普通二輪AT免許が約9万円くらいでした。

免許を持っていない人、原付の免許しか持っていない人は、
普通二輪MT免許が約18万円、
普通二輪AT免許が約17万円くらいです。

キャンペーン割引や紹介割引があったり、
学生割引があったりするので、多少変動します。

そして、様々なオプションがつくと追加料金があります。
(予約が数か月先まで取れる…などなど。)

自分は普通自動車免許を持っていて、
ちょうどいろいろなキャンペーンがあったので、
普通二輪MTで、10万円でお釣りがくるような値段でした。

期間

また、普通自動車免許を持っている人は、
既に既に学科を学んでいるため、学科免除。最短で9日で取れます。

…まぁ、予約混み具合とかあるから、そう簡単にはいかないけど。。


そんな感じで、次回から教習が始まります。

余談

教習所内で証明写真を撮れるのだが、
「気に入る写真が撮れるまで、何度も撮り直すことができます。」
と言われたので、少しでもイケメンに撮れるよう、必死で取り直す自分。

切ない努力。