澄み渡る空のように。

自由を求めて。その先にあるものを探して。

ついにKindle購入!本読むの好きなら買ったほうがいいよ!

私は昔から本を読むのが大好きです。

私という人間の半分は本に育ててもらったと言っても過言ではないくらい、本からたくさんのことを学んできましたし、助けてもらいましたし、楽しませてもらいました。
今後もいろいろな本に出会い、私という人間を育ててくれるでしょう。

さて、そんな私ですが…
ついに買っちまいましたよ!Kindle様を!

電子書籍Kindleを購入しました。

「読書と言ったら紙に決まってるだろ。てやんでぃ!」

くらいの紙媒体信者だったのですが、実際に使用してみて手のひらくるり
やっぱり、今の時代はデジタルだよ。うん。

いや、本当に素晴らしいと思いましたね。
自分の中で世界が変わったよ。
多分ここ数年で一番いい買い物をした。
もう拍手喝采、スタンディングオベーション

ちなみにメルカリで安く購入しました。

本当に添い寝するくらい大好きになったので、Kindle様の魅力を語らせてください。


■ たくさんの本を持ち歩ける
私は本を電車の中や、待ち時間に読むことが多いので、常日頃からカバンの中に入れて持ち歩くことが多いのですが、本ってかさばるんですよね。

それも『一冊が読み終わったときのために、もう一冊入れておく』という状況もあるので、さらにかさばってしまうんですよ。

でも、電子書籍なら、タブレット状の端末に何冊もの本を入れることができるので、どんなにボリュームがある本でもかさばることがない。
分厚い本も、巻数のある漫画もこれ一つでいい。これは革命的ですよ。


■ 本が片付く
紙媒体で本を持っていると、どうしても場所をとってしまいますが、データで持っていれば場所は取りません。
「本買いたいけど、本棚一杯だしなぁ…」
とか
「本減らしたいけど、処分したくないな…」という悩みから解消されました。
おかげで本棚が必要なくなり部屋が広くなりました。


■ わからない単語がすぐに調べられる
本を読んでいると、難しい単語が出てきたりして、ちょくちょく検索をかけて意味を調べたりするんですよね。
そうすると、『携帯電話でネットを開く→検索する』となかなかに手間なんですよね。

それがKindleならその単語を選択するだけで、辞書を引いてくれるんですよ。
しかもネットワークにつながっていれば、Wikipediaも見れちゃう。

気軽に辞書が引けるので、今までだったら読み飛ばしていた単語も人物名も、すぐに調べる癖がつきました。こりゃあ知識量増えちゃうわ。


■ 手軽に購入ができる
書店に行って探す必要がなく、検索ですぐに調べることができ、あっという間に購入することができるお手軽さ。素晴らしい。
でもお手軽になると、どんどん買ってしまって出費が激しくなることもあるので、そこは気を付けないと。


■ 暗いところでも読める
ライトがあるので暗いところでも読めます。
夜の暗い外出先でも読めるのがありがたい。
でも歩きKindle(略して歩キンドル)は危ないからやめよう!
ただし、寝る前についつい読んでしまうのが難点。


■ kindle unlimitedが神
月額約1000円で『kindle unlimited』読み放題プランを契約できるんですが、もうね。これが最高に最高なんですよ。
すべての本が対象ではないのですが、かなりの冊数が読み放題で読めます。
気になるタイトルを次から次へと読んでいけるので、コスパも最高。
どちらかというと、買いたい本を買うというより、気になる本をいろいろ読みたい人向けですね!

購入してからは、ずっと手放さずにKindleライフを送っていますよ。
これで一生読み続けられる気がする。幸せ。

気になる方、ぜひとも購入してみてはいかがでしょうか!