澄み渡る空のように。

自由を求めて。その先にあるものを探して。

『今年やりたいこと100のリスト』を作成しました。

皆さんは今年やりたいことはありますか?

「別にやりたいことなんてないな~」という人も、
「やりたいけど、忙しくてできない」という人も、
『今年やりたいこと100のリスト』の作成、ぜひやってみて下さい。

目標を明確化すると、それに向かって努力ができる。
目標がないと、ただ惰性で一年を過ごすことになる。
(でも、そういうのも悪くないな。)

去年もリストの作成をやってみたのですが、なかなかに達成できました。

ということで、今年一年も始まったので、今年やりたいこと100のリストを作成しました。

実際のところ、100個も思いつかないんだけどね。
必死に絞り出して、ようやく70個って感じです。

でも、そのうち思いつくと思うし、とりあえずはこれで良し。

つくり方

『やりたいことを挙げ、記録する。』これだけ。

リストを挙げる上で、いくつかコツを。

1.目標のために『どうするか』を考える。

『10キロダイエットする!』という目標があるのであれば、
『10キロダイエットする為にどうするか』まで考えると行動に移しやすいです。
あと、リストの個数も増えます。

『毎週日曜日に運動をする』
『甘いものは二日に1回だけ』みたいな感じですね。

2.具体的なことを決める。

あいまいな目標を作ってしまうと、どこまでがOKか、どこまでがNGか分からなくなります。

『お酒を控える!』という目標を立てたとしましょう。

こういったあいまいな目標だと、
「今までは毎日お酒飲んでたからこのくらいセーフセーフ!」
「サワーとかあんなんジュースやでノーカウント!」
みたいに、その場のノリでセーフにできることになります。
(※言うまでもなくサワーはお酒です。)

なので、
『付き合い以外でお酒は飲まない』
『飲むのは週に1回まで』
といった感じで、具体的に決めた方がいいですね。

3.無理過ぎる目標は立てない。

目標を立てる時って、理想の自分を思い描きながら、キラキラした目標立てると思うのですが、そういう時って、かなり高い目標を立てがちなんですよね。

目標を立てるのは簡単。文字として書くだけだから。
『インテリアコーディネーターの資格を取る!!』ほら出来た。

でも、実際に達成のために実行するとなると、ものすごく大変だったりします。
そして、一度「これ、無理じゃね?」となったら、目標達成を諦めることに繋がります。
それだけは全力で避けたい。

なので、一つの大きな目標ではなく、いくつかの小さな目標に細分化しましょう。

『資格の本を購入する。』
『休みの日一日中資格の勉強をする。』
『受験申込をする。』

このくらいだったら、少し頑張れば達成できそうです。
一日使えばできるくらいがちょうどいいかもしれません。

4.『毎日〇〇する系』は、できなくても諦めない。

毎日〇〇するという目標を立てることもありますが、できなくても諦めず続けましょう。
自分自身『毎日6時に起きる』という目標を1月1日に立て、1月2日に8時に起きてしまい、開始二日でミッションフェイルドなわけですが、ここで諦めたら終わり。
この目標は今年は永久に達成できません。(来年同じ目標立てても、恐らく来年も同じことになるだろう。)

ですので、達成できなかったからといって諦めずに続けましょう。
『毎日〇〇するように努力する』という立て方がベターかもしれませんね。

出来ない日があってもいい。
でも、決めたことをやろうとする努力だけは持っていようじゃないか!

こんな感じですね。

出来上がったら、手帳に書いたり、部屋の壁に貼っておいたりすると、行動する気持ちが出てきます。お試しあれ。

それでは、『今年やりたいこと100のリスト』の作成して、充実した一年を送ってください!