澄み渡る空のように。

自由を求めて。その先にあるものを探して。


新絵心教室:008 ミニレッスン『アボカド』に挑戦しつつ、『補色』の説明をまとめる。

ミニレッスン『アボカド』

今回のモチーフは森のバターと呼ばれるアボカド。
糖質を制限している人が唯一食べても許される果物です。
ま、甘くないもんね。アボカド。
でも君じゃあ甘いもの食べたい欲求は満たされないのだよ…

「果物よりも野菜サイドだろお前は」と思いますが、立派な果物だそうです。

さて、今回もミニレッスンなので、前回の『メロン』で習ったことの復習になります。
先生はディナーパーティの為に、メキシコ料理のワカモレを作るそうなので、君は自由に書いてねスタンスです。

f:id:naru-aqua:20171004225637j:plain

今回はこんな感じ。
おいしそうに描けたぜ。

『補色』について

まずは『三原色』から。

絵心教室の先生は、『三原色』を『黄・赤・青』で説明していますので、恐らく一般的にも分かりやすい色で説明しているのでしょう。(学校の美術でも『黄・赤・青』で教える事があるようです。)

正確には、『イエロー(黄色)』『マゼンタ(赤紫)』『シアン(緑みの青)』ですね。

さて、この原色うち2色を混ぜたものを二次色、二次色と原色を混ぜたものを三次色と言い、並べてできた円形のカラーテーブルのうち反対の色同士が補色の関係になります。
【そのうち画像を載せます。。】

今回も、緑のアボカドと反対の、赤のテーブルクロスを使っていますね。
これも緑と赤が補色の関係だから、薄い色の緑のアボカドが強調されて見えるのです。

この反対の色同士を『補色の関係』になります。

ここで、テーブルクロスを緑にして比べてみます。

【そのうち画像張ります。。】

どっちが見栄えが良いかといわれると、やっぱり赤の上に載っている方が主役のアボカドが目立って良いですよね。

補色の関係はものを目立たせることが出来る為、絵だけではなく、日常や仕事にも生かすことが出来る場面は多くあると思います。

日常でも色を意識して生活すると面白いかも知れませんね。


最後に、出来上がったワカモレを見せてくれました。
(見せるだけで食べさせてくれないのか…)
仕方が無いので、今度クックパットを見ながら、自分で作ろうと思います。


前回:

次回: