澄み渡る空のように。

自由を求めて。その先にあるものを探して。

通勤時間が短いとこんなに幸せなのか。

4月に入り配属が変わり、勤務地が家から40分ほどの場所になりました。

いや、もう最高に幸せです。
毎日幸せをかみしめて生きています。

「40分とか普通じゃない?最高とか言いすぎ。」

…と思われる方もいらっしゃると思うんですけれども、去年度は毎日片道2時間半かけて通っていたんですよ。

からしたら、2時間以上かかる場所なんてものは、もはや通勤ではないです。旅行です。

そんな往復5時間の世界から、片道40分ほどの場所に配置されることになりまして、もうこれは本当に最高と言わざるを得ないですね。

本当に配属を決めていただいた方には感謝感謝です。
その人に一生ついていきたいと思います。

得られた感動

1.自分の時間が増える。

本当にこれにつきます。

通勤に使っていた時間が自由になるので、今までできなかった事に挑戦できるようになりました。

積んであったゲームを消化することも、部屋を片づけて模様替えすることも、髪を切ってから仕事に行くことも、なんでも出来るようになりました。

時間さえあれば、やりたいことなんてなんでもできます。

時間がなくて諦めていたこともたくさんありましたが、せっかくできた時間を有意義に活用したいと思います。

2.生活に余裕ができる。

朝早く出勤して、夜遅く帰宅する毎日だったので、まともに食事をとることもなく、部屋も散らかったまま。
身だしなみを整える余裕さえままならない。
休日は疲れて寝ているだけ。

そんなすさんだ生活を送っていました。
もう本当に巣に帰って寝る動物とほとんど変わりません。

しかし、勤務地が近くなって、時間的余裕が増えたら、そんな問題すべて解決しました。
満足できる時間の睡眠をとることができ、食事も栄養があるものを食べるようになり、アイロンがけも時間をかけて髪形を整えることもできるようになりました。

ようやく人間らしい生活ができるようになったといえるでしょう。

3.体調がいい。

睡眠時間、休息時間をしっかり確保できるようになったので、体調がものすごく良くなりました。

以前は、料理する時間もなくインスタント食品ばかりでしたが、時間ができて、まともなものも食べるようになったので、その影響もあると思います。

しっかりとオフの時間にリフレッシュできるようになったので、身体も疲れも、心の負担もかなり減り、好調な状態が続いています。

やはり、余裕は大事ですね。

4.仕事のミスが少なくなった。

以前までは、
1.疲れたままで仕事をしているので、ミスが発生する。
2.発生したミスをフォローするためにまた仕事をするので、業務が長くなる。
3.そして帰る時間が遅くなり余計疲れる。

という、完全なる悪循環に陥っていました。

通勤時間が減ってから、以前より活躍出来ていますし、周りからの表かもよくなったなという印象です。

やはり良い仕事をするには、適度な休息は必要だと思いました。

おわりに

ということで、皆さん。
勤務地は近いに越したことはありません。

もし選べるのであれば、近い勤務地にしましょう。

『通勤時間と幸福度は相関がある』という話も聞きますが、本当にそうだと思います。
通勤時間が減ったら、人生の質が上がったと心から感じています。

そして、勤務地を決める側の方でしたら、働いている方々のためにも、できる限り近い勤務地を当てて下さいませ。
配属を決める方に労働者の幸せがかかっております。

本当に、今まで遠い勤務地で働かせていたのはなんだったんだって話ですね。

『君限定で家から近い勤務地を選んではいけないルールがある』
『ダーツかこっくりさんで配属先を決められている』
…と、他の社員にさんざんネタにされていた私ですが、
どうやら一つのアイデンティティが失われそうです。

【二輪免許取得:001】中型二輪に乗りたいと思った時が、免許を取りに行くときだ。

中型二輪に憧れて、友人とバイクの免許を取りに行くことになりました。

大学生になると、バイクを乗り回している人がカッコよく見える…
あぁ、自分もバイクを運転したい…!!
夏の海沿いを颯爽とバイクで走りたい…!!

そんなことを思う時期が誰にでもありますよね。

ま、今はバリバリ社会人なんだけどね。


大学の頃の友人にライダーが何人かいて、
後ろに乗せてもらう機会がそれなりにあったので、
前々からバイクに対する憧れはありました。

しかし、バイクの事故で知人を亡くしていたりしたので、
『自分が運転する』までは踏み切れなかったんですよ。

そんな思いもあったのですが、
何か新しいことを一緒に始めようと思ったときに、
真っ先に出てきた『やりたいこと』それがバイクだったのです。

入校

思い立ったが吉日。

決めたその日に教習所を探してきました。
教習所には数日間通うことになるので、
基本的には通いやすい場所にするのが良いです。

無料送迎バスを出している教習所もあるので、
そこらへんも調べておくと、選択できる範囲が広がります。

しかし、バスの発着の時間であったり、教習が始まる時間が決まっているので、
時間的にある程度余裕がないと、送迎バスは使いづらかったです。
(結局自転車や電車で行くことが多かった。)

ですので、スケジュール的に忙しい中、教習所に通うのであれば、
他の交通手段で行ける距離が望ましいと思います。

教習所によっては『友達紹介キャンペーン』的なものをやってたりするので、
もし、免許取得を考えている人が周りにいるのであれば、
紹介してあげると、お互いにお得でいいかもしれません。
私はそれで紹介して友人と一緒に入りました。

あとは、時期によって割引キャンペーンであったり、
いろいろなイベントもやっていたりするので、
お得な時期に入校するのがおすすめです。


通う場所が決まったら、直接教習所に行き受付に聞けば、入校の説明をしてくれます。
入校を決めたら必要書類を書いて、お金を払えば入校完了です。
ここまではあっという間。

入校時の持ち物

・免許書(持っていない人は身分証明書)
・住民票(場合によっては免許書に情報が入っているので、なくてもOK。)
・眼鏡/コンタクト(必要な人)
・印鑑
・入校時のお金

これだけでした。
これなら会社帰りに入校できるね!!
(教習所によって必要なものが違うので要確認。)

学生さんは、学生証を持っていくと学割があるかも。

金額(普通二輪免許)

原付以外の免許を持っている人は、
普通二輪MT免許が約10万円、
普通二輪AT免許が約9万円くらいでした。

免許を持っていない人、原付の免許しか持っていない人は、
普通二輪MT免許が約18万円、
普通二輪AT免許が約17万円くらいです。

キャンペーン割引や紹介割引があったり、
学生割引があったりするので、多少変動します。

そして、様々なオプションがつくと追加料金があります。
(予約が数か月先まで取れる…などなど。)

自分は普通自動車免許を持っていて、
ちょうどいろいろなキャンペーンがあったので、
普通二輪MTで、10万円でお釣りがくるような値段でした。

期間

また、普通自動車免許を持っている人は、
既に既に学科を学んでいるため、学科免除。最短で9日で取れます。

…まぁ、予約混み具合とかあるから、そう簡単にはいかないけど。。


そんな感じで、次回から教習が始まります。

余談

教習所内で証明写真を撮れるのだが、
「気に入る写真が撮れるまで、何度も撮り直すことができます。」
と言われたので、少しでもイケメンに撮れるよう、必死で取り直す自分。

切ない努力。

【ブログチャレンジ:001】記事を投稿する時に乗り越えるべき壁。

ブログチャレンジをひたすら挑戦していく取り組み。

皆さんは『ブログチャレンジ』なるものの存在をご存知だろうか。
そう、ダッシュボードの下にひっそりと存在するコレである。

様々なタスクがあり、それをクリアしたら自己申告でチェックを付け、
それによりポイントや二つ名が手に入る。
(ちなみに、現時点で特にポイントを利用する場面はない。)

「ブログを始めたはいいけれども、何をすればいいのだ?」
という、迷える子羊を救ってくれる、素敵なシステムなのだ。

タスクをクリアしていけば、いつの間にか君もプロブロガー!
…になれるかもしれない。

ブログチャレンジ:その1

【初級:1】記事を1個公開する
【初級:18】記事を5個公開する DONE!!
【初級:22】記事を10個公開する DONE!!

まずはこちらの3種類から。

記事を公開するにあたってぶつかる壁。

「記事さえ書けばクリアできるので楽勝!」
…と言いたいところですが、
難しいのは、『どんな内容の記事を書くのか』ですね。

達成するだけでしたら、
適当な文字を投稿すればすぐに達成できます。

…が、「なんのためのブログやねん」となりかねないので、
ちゃんとした記事を書こうと思うのですが、
ブログを書いていると様々な壁にぶつかります。

・書きたいことがたくさんあるはずなのに文字にできない。

・何が書きたいのか、何を書けばいいかわからない。

・書いたはいいが内容がまとまっていなくて、投稿を躊躇う。

なんてことが往々にしてあります。

そうなってしまうと、記事の投稿がなかなかできず、
何日も放置してしまうなんてことになります。
そう。私です。

記事を投稿まで持っていくコツ。

記事を投稿まで持っていくコツ。

それは『とりあえず書いて投稿しよう』という気持ちだと思います。

記事を書こうとすると、
100%の完璧な記事を書きたくなりますが、
そうするとハードルが上がってしまい、挫折しやすくなります。

なので、初めから完璧に書こうとせず、
『伝えたいことが最低限伝わればOK』レベルで書けば気楽に書けます。

幸い、はてなブログは後から記事を編集することもできますので、
後々読み返してみて読みづらいと思ったら直せばいいのです。

投稿しなかったら、誰にも読まれる機会はありませんが、
投稿すれば誰かが読む機会ができます。

ですので、「まぁ、気楽に書こうぜ」って感じです。

あとがき

ということで、無事クリアできました。
長く続けていれば、10記事くらいであればそんなに負担にならないと思います。
(上級に100記事公開するとかあってもよかったと思うんですが。。)

それでは、引き続きプロブロガー目指して、攻略していきます。

【風水:001】風水をはじめてみた。

最近、仲のいい友人が近くに引っ越してきまして、
よく家に遊びに来るようになりました。

会って話すことは、大体仕事の話。
「仕事うまくいってないんだよね…」
そう、自嘲気味に笑う友人。

確かに、自分自身もそう思うことは結構ある。
でも、社会人になったら誰もが抱える悩みなんじゃないか。

自分はそのたびに、人生の先輩方に相談したり、本から学ぼうとする。
そういった先人の知恵を拝借することで、乗り越えていくことができるんじゃないか。
そう伝えようとしたら…

「やっぱりさ、家が風水的によくないと思うんだよね。」
え?そっち?そういうスピリチュアル的な原因なん?

「ちょっとさ、この家を風水的に良い感じにしようぜ。」
しかもウチでやるのかよ!

風水を考えながら、家をきれいにしてみた。

…ということで、我が家に風水を取り入れることになりました。

でも、さすがに『金の龍をこの方角に置くと金運アップ』とかまではできないので、
できる範囲で頑張っていきたいと思います。

■ 調べてみたら意外とかわいいのが見つかって、置きたくなる今日この頃。

1.置いてはいけないものを処分する

まず初めに、風水的に置いてはいけないものを処分しました。

『段ボール』と『古紙』は悪い気をため込んでしまうそうなので、置いてはいけないそうです。
家中に段ボールやら裏紙があるので、どうやら家は悪い気カーニバルのようです。

ドライフラワーも死んだ花ということで、風水的には悪いそうです。
『造花』は風水的には良くも悪くもないようですが、
どうしても放置しがちで、ほこりがたまりやすいので、
そういった意味ではあまりお勧めできないようです。

そして『使っていない傘』を放置しているのも良くないようです。
傘って捨て方がわからないので、案外たまっていくんですよね。

確かに雨の日に開いてみて、
「これ壊れてるじゃん!」ってなることが多いので、
使っていない傘は捨てたほうがいいと思いました。

2.水回りをきれいにする。

水回りといえば『洗面所』『浴室』『台所』『トイレ』ですね。

確かに水回りは汚れやすい部分ではありますし、
汚れているとそれだけで気分が悪くなるので、
定期的に綺麗にしたい部分ではありますね。

『トイレ掃除をすると金運が上がる』という話は聞きますし、
お店の良し悪しはトイレが綺麗かどうかで分かるとも言いますので、
トイレ掃除は頑張っていきたいですね。


■私のバイブルも、トイレ掃除の大切さを語っております。

実際にやってみて。

とりあえず、これらを実践したら部屋が綺麗になりました。

運気の向上は今のところ実感していないですが、
家中が綺麗になると、やはり気分が良くなりますし、
いつもよりストレスも少なく、
穏やかな心で過ごせることが増えました。

「風水なんてものは迷信だ。そんなもので運がよくなるものか」
と思う人もいると思います。

私自身も『気の流れ』とか、
『このアイテムは運気を高める』とか言われても、
いまいちピンと来ません。

でも、風水を始めてみて、
部屋が綺麗になる→ストレスが減る→対人関係で揉めることが少なくなる→仕事運アップ
と考えることもできますし、
不要なものを置かないようになる→ものを購入することが少なくなる→金運アップ
と考えることができます。

そういった意味では『風水は効果がある』と思います。

一回やってすぐに効果が出るものでもないと思いますので、
引継ぎ継続してみたいと思いました。

それではまた次回。

■ 次回
【風水:002】引き続き風水を頑張ってみた。

靴下を一種類に統一してみた。

靴下って、なぜか片方だけなくなりますよね。

あれ何なんでしょうね。
異次元にでも飛んで行ってるんでしょうかね。
(ただの管理不足)

あと、靴下、めちゃくちゃ穴開くじゃないですか。
(東北ではこれを『おはよう靴下』といいます)
歩き方が悪いんですかね。
それとも爪の形が悪いんですかね。

靴下って片方が使えなくなったら、
両方処分しなくちゃいけないじゃないですか。

それが、前々から非常にもったいないと思っていたのですよ。

…ということで。

靴下を一種類に統一しました

はい。靴下を一種類に統一しました。

そしたらですね。ものすごく快適なんですよこれが。

1.片方無くすという現象が起こらない。

いや、もしかしたらどこかで無くしているのかもしれませんが、
たとえ無くしたところで、すべて同じなので、相方を捨てる必要がなくなります。
代わりはいくらでもいるのだよ。

2.穴が開いたら片方だけ処分すればいい。

穴が開いても、穴が開いたものだけを処分すれば万事解決。
もう片方を捨てる必要がなくなります。

3.セットを探す必要がなくなる。

洗濯した後に、同じ靴下を探してまとめる作業がなくなります。
とりあえず手に取った靴下2枚をまとめるだけ。
また、靴下をまとめてカゴに入れて、
使うときに何も考えずに二枚取れば、それが私の今日の靴下。

ということで、非常に便利だったので、
靴下にこだわりがない人はおすすめです。

どうぞお試しあれ。


■ お気に入りの靴下。やっぱり黒安定だね。

ひげ脱毛をして思ったこと。めっちゃ大変だけど、やってよかったよ!

皆さんは、ひげが似合う顔立ちですか?私は似合いません。

ひげが似合うダンディなおじさんとかめちゃくちゃ憧れるんですが、
残念ながらそういった顔立ちで生まれてこなかったので、毎日のようにひげを処理していました。

ひげの処理、ものすごくめんどいですよね。

朝しっかり剃っても、夕方にはまた生えてきたり、
なぜだか思いがけないタイミングで生えて、気になってトイレに行って処理したり。
そしてカミソリ負けして大出血。タオルが血だらけになったり。
気になって剃りたいなと思ったときに、剃刀を持っていなくてコンビニに買いに行ったり。
謎の出費をした挙句、質の悪いカミソリでまたまた出血したり。

もうね…
ひ た す ら め ん ど く さ い !
んですよ。

これは、自慢じゃないと言いつつ自慢なんですけど、
ひげさえなければつるつるすべすべの赤ちゃん肌なんですよ。
ニキビもできにくいミラクルスキンなんですよ。

すべてをダメにしているのは、忌まわしきこのひげ。
このひげさえ消えてなくなれば、すべてのしがらみから解放されるのにっ…

ということで、ひげの永久脱毛を目指し、ひげ脱毛に通っております。

ひげ脱毛の種類について

ひげ脱毛の方法は主に『ニードル脱毛』『医療レーザー脱毛』『フラッシュ脱毛』の3種類あります。
内容によって効果が違うので、自分に合った方法で受けるのがいいです。

ざっくり説明すると、
『ニードル脱毛』はめちゃくちゃ痛くて、時間もかかるけど、
一本一本脱毛していくので、この部分だけ生やしたいという細かいデザイン脱毛ができます。

『医療レーザー脱毛』は痛いけど、脱毛効果は高く、
比較的早い段階で脱毛を実感できます。

『フラッシュ脱毛』はそこまで痛くないけど、効果が弱めで、
完全な脱毛までに長い期間がかかる

といった感じです。

脱毛をやってみて思ったこと。

■ それなりにお金がかかる
口回り・ほほ・あご・首という『いわゆる顔全体』をやると、だいたい一回10000円以上かかります。
しかも一回行ったくらいじゃ脱毛しきれません。

どの程度ひげを減らしたいか、もともとどのくらいひげが多いのかにもよりますが、人によっては10回以上通うことになります。

そうすると結果的に10万円以上かかったりと、なかなかにいいお値段。

『初回お試し』や『一定期間通い放題』や『回数券』など、探してみるといろいろキャンペーンあるので、うまく利用して安くおさえたいところですね。


■ 痛い
痛いです。個人差があるみたいなんですが、ほんと痛いです。
痛くないと謳っているところでも痛かったりします。

大体どのくらいの痛みかというと『おそらく顔をホチキスで止められたらこんな感じなんだろうな』という痛みです。
思わずカウンターパンチを入れたくなります。

でも、痛いときはスタッフに言えば、弱めてくれますし、麻酔クリームを塗るなど痛みを軽減する方法もありますので、そんなに心配しすぎる必要はないのかもしれません。


■ 期間がかかる
ひげの生える周期の関係で、一回施術した後は2週間ほどあけてから行くことになります。
なので、脱毛するとなると、それなりに長い期間通うことになると思っておいたほうがいいです。

でも実際は、何回か行くと目に見えて減るので、ものすごく生活が楽になると思います。
以前は1日数回剃っていたひげが、2日に1回になってどんどん回数が減って…いう感じです。

「このくらい減ればいいかな。」ってところで終わりにしてもいいので、「一本残らず滅ぼしてやる」レベルで考えなければ、ものすごく期間がかかる感じでもないと思います。


■ メリットはたくさん
・ひげが生えるのを気にしなくて済む。
・ひげを剃る時間がなくなるため、時間に余裕ができる。
・ひげを剃る必要がなくなるため、ひげ関係の日用品が不要になる。
・剃刀を使わなくなるから肌に優しい。
・見た目が若々しくなり、清潔感のある見た目になる。

こんな感じですね。
自分は早いうちにやってよかったなと思ってます。

気になった方はぜひ試してみてください!

ついにKindle購入!本読むの好きなら買ったほうがいいよ!

私は昔から本を読むのが大好きです。

私という人間の半分は本に育ててもらったと言っても過言ではないくらい、本からたくさんのことを学んできましたし、助けてもらいましたし、楽しませてもらいました。
今後もいろいろな本に出会い、私という人間を育ててくれるでしょう。

さて、そんな私ですが…
ついに買っちまいましたよ!Kindle様を!

電子書籍Kindleを購入しました。

「読書と言ったら紙に決まってるだろ。てやんでぃ!」

くらいの紙媒体信者だったのですが、実際に使用してみて手のひらくるり
やっぱり、今の時代はデジタルだよ。うん。

いや、本当に素晴らしいと思いましたね。
自分の中で世界が変わったよ。
多分ここ数年で一番いい買い物をした。
もう拍手喝采、スタンディングオベーション

ちなみにメルカリで安く購入しました。

本当に添い寝するくらい大好きになったので、Kindle様の魅力を語らせてください。


■ たくさんの本を持ち歩ける
私は本を電車の中や、待ち時間に読むことが多いので、常日頃からカバンの中に入れて持ち歩くことが多いのですが、本ってかさばるんですよね。

それも『一冊が読み終わったときのために、もう一冊入れておく』という状況もあるので、さらにかさばってしまうんですよ。

でも、電子書籍なら、タブレット状の端末に何冊もの本を入れることができるので、どんなにボリュームがある本でもかさばることがない。
分厚い本も、巻数のある漫画もこれ一つでいい。これは革命的ですよ。


■ 本が片付く
紙媒体で本を持っていると、どうしても場所をとってしまいますが、データで持っていれば場所は取りません。
「本買いたいけど、本棚一杯だしなぁ…」
とか
「本減らしたいけど、処分したくないな…」という悩みから解消されました。
おかげで本棚が必要なくなり部屋が広くなりました。


■ わからない単語がすぐに調べられる
本を読んでいると、難しい単語が出てきたりして、ちょくちょく検索をかけて意味を調べたりするんですよね。
そうすると、『携帯電話でネットを開く→検索する』となかなかに手間なんですよね。

それがKindleならその単語を選択するだけで、辞書を引いてくれるんですよ。
しかもネットワークにつながっていれば、Wikipediaも見れちゃう。

気軽に辞書が引けるので、今までだったら読み飛ばしていた単語も人物名も、すぐに調べる癖がつきました。こりゃあ知識量増えちゃうわ。


■ 手軽に購入ができる
書店に行って探す必要がなく、検索ですぐに調べることができ、あっという間に購入することができるお手軽さ。素晴らしい。
でもお手軽になると、どんどん買ってしまって出費が激しくなることもあるので、そこは気を付けないと。


■ 暗いところでも読める
ライトがあるので暗いところでも読めます。
夜の暗い外出先でも読めるのがありがたい。
でも歩きKindle(略して歩キンドル)は危ないからやめよう!
ただし、寝る前についつい読んでしまうのが難点。


■ kindle unlimitedが神
月額約1000円で『kindle unlimited』読み放題プランを契約できるんですが、もうね。これが最高に最高なんですよ。
すべての本が対象ではないのですが、かなりの冊数が読み放題で読めます。
気になるタイトルを次から次へと読んでいけるので、コスパも最高。
どちらかというと、買いたい本を買うというより、気になる本をいろいろ読みたい人向けですね!

購入してからは、ずっと手放さずにKindleライフを送っていますよ。
これで一生読み続けられる気がする。幸せ。

気になる方、ぜひとも購入してみてはいかがでしょうか!