澄み渡る空のように。

自由を求めて。その先にあるものを探して。


BIOHAZARD REVELATIONS 2:004『バイオハザードリベレーションズ2』のストーリーを追う。その4

はじめに。

※ ゲーム情報のネタバレあり。
バイオハザードシリーズのひとつ『バイオハザードリベレーション2』のストーリーを追いながら、説明や考察を混ぜていきます。

ホラーゲームなので、ホラー要素やグロテスクな表現がありますが、この記事では、苦手な方に配慮してそのような文章や画像を載せません。

バイオハザードリベレーションズ2』は以下『バイオリベ2』と表記。

エピソード2『観察』バリー編

塔に行く途中でモイラと一緒になったというナタリア。
バリーはモイラを探すため、ナタリアに塔まで案内してもらうことに。

「モイラは優しかったか?」と聞くバリーに「優しかった」と答えるナタリア。
それに対して「根はいい子なんだ。」というバリー。

先へ進むと、テラセイブのメンバーであるエドワードの死体を見つける。
「だから俺はテラセイブに入るのを反対したんだ」とぼやくバリー。

『いちいち口を出さないでほしい』というモイラに、『娘が心配でいろいろ口を出してしまうバリー』。
親子間の衝突はあるが、本当に仲が悪いのではないことが伺える。

途中、ナタリアに両親はどうしたんだと聞くバリー。
両親は『テラグリジア』で死んだというナタリア。

『テラグリジア』は『バイオハザードリベレーションズ』で登場した都市。
海上都市である『テラグリジア』はバイオテロの被害に遭い、都市ごと消滅させられた。
テラグリジアで起った事件『テラグリジア・パニック』の生き残りであるナタリアは、テラセイブに保護され、施設で過ごすことになった。

塔にたどり着くと、人形がつるされた気味の悪い空間が。
その先で男女の写真が映った写真を見つける。

写真に映っている男性。それは『アルバート・ウェスカー』だった。

ウェスカーはバイオハザードシリーズでの黒幕だった人物。
バイオハザード5』で『クリス・レッドフィールド』に倒される。
バリーもまたウェスカーに利用されていた過去がある。

ウェスカーが映った写真を見て、
「ウェスカーを知っている」というナタリアが、指をさしたのは女性のほうだった。
この人が『アレックス・ウェスカー』。
「ウェスカーが二人いる?」疑問を抱くバリー。

そして、老婆のような怪物に襲われる
その怪物は「この時を待っていた。ナタリア。」と言い残し、『エピソード2バリー編』が終わり。
次はは『エピソード3クレア編』に続きます。




BIOHAZARD REVELATIONS 2:003『バイオハザードリベレーションズ2』のストーリーを追う。その3

はじめに。

※ ゲーム情報のネタバレあり。
バイオハザードシリーズのひとつ『バイオハザードリベレーション2』のストーリーを追いながら、説明や考察を混ぜていきます。

ホラーゲームなので、ホラー要素やグロテスクな表現がありますが、この記事では、苦手な方に配慮してそのような文章や画像を載せません。

バイオハザードリベレーションズ2』は以下『バイオリベ2』と表記。

エピソード2『観察』クレア編

クレア編2

怪物に追いかけられる3人。ニール・ゲーブ・ペドロ。
彼らもクレア達と同じく、島に捕らわれたテラセイブのメンバーだった。

怪物と戦うため、二人と別行動をとるニール。
ゲーブとペドロが怪物から逃げたどり着いたのは、腕輪の女が言っていた『ヴォセク』だった。

漁村の中にある『ヴォセク』と書いてある家の中。
一息つくも、何者かが家に近づき入ってきた様子。
ナイフを構えるゲーブ。入ってきたのは、同じく腕輪の女に言われ『ヴォセク』に向かったクレアだった。

クレアとモイラ、ニールとゲーブが『ヴォセク』合流するが、またもや腕輪から女の声が。
「実験のためにすでにウィルスを投与した」という。

ヘリコプターで脱出するために、漁村で動かす材料を探すクレアとモイラ。

犠牲になってしまったエドワードの腕輪を調べていたペドロは、発信源が北の高い場所であることを特定した。

ゲープがヘリコプターを直していると、漁村にサイレンが鳴り響く。
このままでは音で怪物が集まってきてしまう。
サイレンを止めるため『ヴォセク』に止めに行くが、怪物が集まりパニックになったペドロは恐怖でウィルスが発症。
クレア達に襲い掛かってくる。

怪物で溢れる漁村内を逃げ回っていると、ニールが助けに。
なんとか逃げ道を確保するも、ヘリコプターを直していたゲープとは別れてしまう。

ペドロが解析した情報のもと、北の高い場所である塔を目指すことになったが、ニールは怪物を追い払うため塔で落ち合うことに。

途中、収容所で逃げていた少女に出会う。
クレア達は少女を追いかける。

この少女はバリー編で行動を共にする『ナタリア』。

少女に追いつき、3人で行動を共にすることに。
クレアにおびえるナタリアだったが、モイラが話すことで行動を共にすることになった。

少女と一緒にいるクマのぬいぐるみの名前は『ロッティ』。
昔助けてくれたテラセイブのおじさんがくれたとのこと。
やはりテラセイブの関係者が島に集められているようだった。

一人ヘリコプターで逃げるゲーブ。
しかし、腕輪から声がして、ウイルスが発症。
そのまま墜落することに。

その一部始終を見ているクレアとモイラだが、その隙に何者かにさらわれるナタリア。

ここで『エピソード2クレア編』が終わり。
次はは『エピソード2バリー編』に続きます。




BIOHAZARD REVELATIONS 2:002『バイオハザードリベレーションズ2』のストーリーを追う。その2

はじめに。

※ ゲーム情報のネタバレあり。
バイオハザードシリーズのひとつ『バイオハザードリベレーション2』のストーリーを追いながら、説明や考察を混ぜていきます。

ホラーゲームなので、ホラー要素やグロテスクな表現がありますが、この記事では、苦手な方に配慮してそのような文章や画像を載せません。

バイオハザードリベレーションズ2』は以下『バイオリベ2』と表記。

エピソード1『流刑地にて』バリー編

モイラの救難信号を受け、
モイラの助けの通信を聞きながら船で島に向かうバリー。

バリーは『バイオハザード』に登場したキャラクターの一人。
バイオハザード』で語られた『洋館事件』の数少ない生存者ですね。
 
バイオハザード』での事件後、組織の報復を危惧して家族とカナダに亡命。
その後、クリスとジルの誘いでBSAAのコンサルタントに就任したことが、今作のシークレットファイルで判明しました。

島に着くと一人の幼い少女が。
バリーは危ないから船で待っていろと少女に伝えるが、「もうひとりりぼっちは嫌」と、バリーと行動を共にすることになる。

両親はいなく、気付いたらこの島に居たという少女。
少女の名前は『ナタリア』。そして腕輪の色は赤だった。

ナタリアは『エピソード1クレア編』の途中で逃げていた少女。
.
通信塔に向かう橋が壊れている為、迂回して森の中を通る2人。

森の中にも怪物がうろついていて、その怪物は『ウロボロスウィルス』の特徴が出ていた。
一体誰がこのウィルスを島に持ってきたのかと疑問に感じるバリー。

ウロボロスウィルス』は、『バイオハザード5』で登場したウィルス。
ストーリー後半でこのウィルスを使って、誰がどの様な実験をしたのかが判明します。

通信塔にたどり着き、そこで聞いたのは…モイラとクレアの助けを呼ぶ声。
そして、収録は半年前だった。

「娘の名前はモイラ?」と聞くナタリア。

そして、「モイラは死んだ」と。
一体モイラの身に何があったのか…

クレア編→バリー編→クレア編…とストーリーをプレイしますが、バリー編はクレア編の半年後。
半年の間にクレアとモイラに何があったのか、謎がだんだんと解明されるストーリーになります。

ここで『エピソード1バリー編』が終わり。
次はは『エピソード2クレア編』に続きます。




BIOHAZARD REVELATIONS 2:001『バイオハザードリベレーションズ2』のストーリーを追う。その1

はじめに。

※ ゲーム情報のネタバレあり。
バイオハザードシリーズのひとつ『バイオハザードリベレーション2』のストーリーを追いながら、説明や考察を混ぜていきます。

ホラーゲームなので、ホラー要素やグロテスクな表現がありますが、この記事では、苦手な方に配慮してそのような文章や画像を載せません。

バイオハザードリベレーションズ2』は以下『バイオリベ2』と表記。

エピソード1『流刑地にて』クレア編

バイオテロや薬害の被害者から守る、NGO団体『テラセイブ』。
その団体に所属する『クレア・レッドフィールド』と『モイラ・バートン』は、テラセイブのメンバーが集まるパーティーに参加していた。

クレアは『バイオハザード2』と『バイオハザードコードベロニカ』の主人公として登場していました。

モイラは『バイオハザード』で名前が出ていましたが、キャラクターとしての参加は今作で初になります。

今回のストーリーはこの二人が主人公。

どうやらモイラはテラセイブ新人職員で、クレアとモイラは元々友達同士の関係のようです。

クレアの兄である『クリス・レッドフィールド』と、モイラの父である『バリー・バートン』は同じ部隊に所属。その繋がりでクレアとモイラが出会い意気投合し、家族のような間柄になったよう。
 
そしてモイラはクレアの影響でテラセイブに入ったことが、ゲーム内のシークレットレポートで判明する。

上司のニールに呼ばれ、

そして、モイラの教育を頼まれるクレア。
ニールはモイラがバリーの娘であることは調査済みのようだ。
.
そして、モイラは父親とはうまくいっていない様子。
その愚痴をクレアに話そうとした途端、突如武装した組織に会場にいたテラセイブの職員が襲われてしまう。

この組織に関しては現時点では不明。

クレアは首元に何かを注射され、意識を失う。
目が覚めると、身に覚えのない腕輪を付けられ牢屋に閉じ込められてた。
牢屋がの扉が自動的に開き、先へ進むとモイラも捉えられていた。
そして、また自動的に開く牢屋。どうやら誰かに監視されているようだ。

先に進むと怪物に襲われている女性が。
同僚のジーナだった。


怪物に対抗できるよう銃を探すクレアだが。過去のトラウマから銃が使用できないモイラ。途中で見つけたバールとライトで援護することになった。

過去のトラウマに関しては後にバリーが語ってくれる。

しばらく進むと、腕輪から女性の声が。
『腕輪は恐怖によって色』が変わる、今はどんな気持ち?と。

ファイルにもあるように、緑:平常、橙:緊張、赤点滅:恐怖、赤:発症のようだ。
モイラは緊張状態を表す橙、クレアは腕輪の色は最初は緑で、敵に襲われてからは橙だった。

建物の外に脱出するも見知らぬ場所。そしてまた腕輪から女性の声が。声の主は恐怖を導き監視するもの『オーバーシア(監視者)』と名乗る。そそして『ヴォセク』に向かえと。

電波塔を見つけ、救難信号を送ろうとする二人。
電波塔に上りあたりを見渡すと、周りは海に囲まれた島。
モイラが電波塔から救難信号を送るが、返事がない。
孤立した島で、救難信号も届かない…一体ここはどこなのだろうか。

ここで『エピソード1クレア編』が終わり。

ストーリーは『エピソード1』から『クレア編』『バリー編』と交互に進んでいくので、つぎは『エピソード1バリー編』に続きます。




BIOHAZARD REVELATIONS 2:000『バイオハザードリベレーションズ2』のストーリーを追う前に説明を。

はじめに。

※ ゲーム情報のネタバレあり。
バイオハザードシリーズのひとつ『バイオハザードリベレーション2』のストーリーを追いながら、説明や考察を混ぜていきます。

ホラーゲームなので、ホラー要素やグロテスクな表現がありますが、この記事では、苦手な方に配慮してそのような文章や画像を載せません。

バイオハザードリベレーションズ2』は以下『バイオリベ2』と表記。

バイオリベ2について

バイオリベ2は、2015年にPS4PS3、XBOXONE、XBOX360に発売されたゲームです。
少し経った後にPSVitaで発売され、後2017年にニンテンドースイッチでも発売されました。

1~4からあるエピソードを毎週順番にダウンロード配信する『エピゾティック配信』という、面白い販売方法をしていました。
ストーリーがドラマのように進んでいくので、今後の展開を楽しみに、毎週の配信を待つことができました。

ストーリーとシステム

ストーリーは『バイオハザード5』と『バイオハザード6』の間の話。
主人公は前作でも登場した『クレア・レッドフィールド』と『バリー・バートン』の2人。
ストーリーはチャプター式で、『クレア編』『バリー編』がそれぞれエピソード1~4まで、合計8話ある。エクストラエピソードの2話も合わせると合計12話。

・『バイオハザード4』以降の作品でお馴染みの、サードパーソンシューティング(TPS)。
・今回は常に仲間と二人で行動する。操作の切り替えはいつでも可能で、切り替えながら協力して戦ったり謎を解いたりする。仲間は銃が使えないので、援護と探索がメイン。
・体術は『バイオハザードリベレーション』と同じで、相手がひるんだ時に出せるようになった。また、こちらに気付いていない敵を一撃で倒す『不意打ち』もできるように。
・『バイオハザード6』と同じで、回避行動がいつでもできるようになった。また、『しゃがみ』もできるようになり、アクションの幅が広がった。
・武器の強化は、武器の性能を上げる『パーツ』を武器付けて強化する形式に。自分に合った幅広い改造ができるようになった。
・ポイントを使ってスキルを覚えていくことで、キャラクターを強化することができるるようになった。
・アイテムを組み合わせて別なアイテムを作成したり、アイテムを持てる数が決まっていて取捨選択が必要だったりと、『バイオハザード』に近いアイテム管理になる。

こんなところでしょうか。

それでは、次回からストーリーのまとめを。


次回:001

新絵心教室:008 ミニレッスン『アボカド』に挑戦しつつ、『補色』の説明をまとめる。

ミニレッスン『アボカド』

今回のモチーフは森のバターと呼ばれるアボカド。
糖質を制限している人が唯一食べても許される果物です。
ま、甘くないもんね。アボカド。
でも君じゃあ甘いもの食べたい欲求は満たされないのだよ…

「果物よりも野菜サイドだろお前は」と思いますが、立派な果物だそうです。

さて、今回もミニレッスンなので、前回の『メロン』で習ったことの復習になります。
先生はディナーパーティの為に、メキシコ料理のワカモレを作るそうなので、君は自由に書いてねスタンスです。

f:id:naru-aqua:20171004225637j:plain

今回はこんな感じ。
おいしそうに描けたぜ。

『補色』について

まずは『三原色』から。

絵心教室の先生は、『三原色』を『黄・赤・青』で説明していますので、恐らく一般的にも分かりやすい色で説明しているのでしょう。(学校の美術でも『黄・赤・青』で教える事があるようです。)

正確には、『イエロー(黄色)』『マゼンタ(赤紫)』『シアン(緑みの青)』ですね。

さて、この原色うち2色を混ぜたものを二次色、二次色と原色を混ぜたものを三次色と言い、並べてできた円形のカラーテーブルのうち反対の色同士が補色の関係になります。
【そのうち画像を載せます。。】

今回も、緑のアボカドと反対の、赤のテーブルクロスを使っていますね。
これも緑と赤が補色の関係だから、薄い色の緑のアボカドが強調されて見えるのです。

この反対の色同士を『補色の関係』になります。

ここで、テーブルクロスを緑にして比べてみます。

【そのうち画像張ります。。】

どっちが見栄えが良いかといわれると、やっぱり赤の上に載っている方が主役のアボカドが目立って良いですよね。

補色の関係はものを目立たせることが出来る為、絵だけではなく、日常や仕事にも生かすことが出来る場面は多くあると思います。

日常でも色を意識して生活すると面白いかも知れませんね。


最後に、出来上がったワカモレを見せてくれました。
(見せるだけで食べさせてくれないのか…)
仕方が無いので、今度クックパットを見ながら、自分で作ろうと思います。


前回:

次回:



新絵心教室:007 食べたい気持ちを我慢しながら、高級なフルーツ『メロン』を描く。

レッスン3『メロン』

今回のモチーフは『メロン』。
しかもオレンジ色のメロンです。おいしそうですね。

ダイエットの為、糖質を控えている自分にとっては、甘いものーー特に果物なんてものは天敵でして。
しかし、自分は超絶がつくほど甘党なので、甘いものが目に入らないような生活をしているのですが、ここでメロンですか。なるほど。

これが現実のレッスンでしたら、100パーセント目の前のメロンを、取って食うでしょうね。獣のごとく。
これも、『新絵心教室』ならではの利点でしょうか。

さて、今回使用するのは『筆』になります。
それでは、先生の御指南の元、描いていきましょう!

f:id:naru-aqua:20171004211107j:plain
■ メインのメロンは後。

やることは今まで習ったことと同じですね。
後ろから描いていくの法則に則って、テーブルクロス→お皿→メロンの順番に描いていきます。

テーブルクロスの部分は、紫を前面に塗り、しわの部分を表現するために、暗い紫、明るい紫を塗っていきます。

お皿の部分は、グリッドを使い輪郭線を描き、中を塗りつぶし、淵に真っ白の絵の具でハイライトを入れます。

そして、メロンとお皿の間には影がありますので、その影も描いていきます。

ここら辺はもうレッスンをこなしてきたから、手慣れてきましたね。

f:id:naru-aqua:20171004213712j:plain
■ 色を馴染ませる。

そして今まで塗ってきた部分を一気に馴染ませます。
くっきり残ってしまっている色の境目を馴染ませることにより、より柔らかく自然な感じになります。

ちなみに紫のテーブルクロスを先生が準備したのは理由があって、『オレンジ色のメロン』と反対の色の『紫のテーブルクロス』を使うことで、モチーフのメロンを目立たせるために準備したそうです。

反対の色を補色と言いますが、この話はまた今度。

f:id:naru-aqua:20171004214147j:plain
■ メロンを描く

次にメインであるメロンを描きます。
これも大体は同じ流れ。
グリッドを使い輪郭線を描く→中を塗りつぶす→2色の緑を使って皮を描くという感じです。

f:id:naru-aqua:20171004215446j:plain
■ みずみずしさを出す

さいごの仕上げは側面の部分と、てっぺんの黄色い部分

側面に果肉より少し薄いオレンジで点々を入れ、頂点の黄色い部分に色を入れ、何もついていない筆で馴染ませます。

最後にに白でハイライトを入れれば完成です!

今回も大満足の出来でしたね。
メロンを本物のような質感で描けるようになるとは思いませんでした。

レッスンの終わりに、先生が飼っている犬のベーコンがメロンを食べたそうにしていましたが、生まれ変わったら、メロンを出してくれる飼い主の飼い犬になりたいと思いました。


前回:
新絵心教室:006 『グリッド』の説明をしながら、ミニレッスン『マッシュルーム』を描く。 - 遥かなる空の下で。
次回: